ルミガンにも含まれるステロイド系薬物の危険性

長く濃いまつ毛は女性の憧れです。そのためつけまつ毛をつけたり、長さやボリュームをアップできるマスカラを使ったりして、まつ毛を長く濃く見せるメイクをしている女性も少なくありません。しかしこうしたメイクはまつ毛に負担をかけ、そのために大切なまつ毛が抜けてしまうこともあります。やはり、元々のまつ毛が長くなることに越したことはないのです。 実は、まつ毛は薬によって長くすることができます。その薬というのがルミガンです。ルミガンの有効成分・ビマトプロストは緑内障や高眼圧症の薬として長年使われてきたものですが、この薬を使って治療をしている患者にまつ毛が長くなるという副作用が出たことから、まつ毛の育毛剤としての効果が認められました。ボトックスの製造元として知られるアメリカのアラガン社が開発・製造しているもので、アメリカのFDAがまつ毛用の育毛剤として世界で初めて承認しており、効能・安全性ともに信頼でき、安心して使うことができます。 現在、日本でこれを購入するには基本的に医師の診察が必要となります。薬局・ドラッグストアなどでは購入することができません。ただし、通販で個人輸入することは可能です。取り扱っている通販サイトはいくつかあり、価格も違っているのでよく比較しましょう。また、医師の診察を受けて病院で購入した場合と違い、通販の場合は自己責任で使用することになるので注意が必要です。 ルミガンはアプリケーターもしくは綿棒で、上まぶたの生え際に塗っていきます。元々点眼薬として開発されたものなので、目に入っても特に心配はいりませんが、まれに目のかゆみや乾き、充血、違和感、眼圧の低下などの副作用が起きることがあります。その場合はすみやかに使用を中止しましょう。